カラス進入禁止の張り紙、本当にカラスが来なくなる

2017年05月13日


カラス。

カラス進入禁止と書いた張り紙を掲示したところ本当にカラスが来なくなったという驚きの結果があるそうです。
これは岩手県にある灯台の研究施設にて実施されたもの。
この施設では屋外のパイプに巻かれた断熱材をカラスが巣材として持ち去る事件が多発。
対応に苦慮していました。
そこで専門家に相談したところ、カラス侵入禁止の警告文の張り出しを提案されたのだとか。
最初は半信半疑だったものの、実際に張り出したところなんとカラスがピタリと来なくなったそうです。
実はこの警告文、効果があるのは内容ではなく張り出された警告文を人間が注目すること。
カラスは人間の視線を嫌う習性があるため、警告文が視線を集めると警戒して寄り付かなくなるそうです。
この施設では2015年から張り紙を始め、現在まで3年の間効果が継続しているとのこと。
冗談かと思いきや実は大真面目な話というのが中々面白いですね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:51Comments(1)

身の少ない迷惑ウニ、廃棄野菜を与えたら市販級に大変身

2017年05月12日


うに。

これまで迷惑者と思われていたウニに驚きの活用方法が見つかったそうです。
今回注目を集めているのはムラサキウニ。
ムラサキウニは海藻の食害で問題視され、駆除が行われている種類。
通常のウニの食用とされる身が全体重の20%程度なのに対し、ムラサキウニはわずか2~3%。
このため、ムラサキウニは食用には出来ないと考えられていました。
このムラサキウニに対し神奈川県産技術センターは廃棄野菜を餌として与える実験を実施。
するとムラサキウニの身がなんと17%と食用レベルにまで急増したそうです。
この実験でムラサキウニは大根やブロッコリーなどをすごいペースで食べ、キャベツに至ってはウニの集団が1玉を3日で食べ尽くすほどだったのだとか。
実験で出来たムラサキウニの身の旨味成分は市販のウニと遜色もなく、センターでは商品化に向けて実証実験を行っているとのこと。
身が少なかったのは単純にお腹が空いてただけだったというのは盲点ですね。
他にも身が少なくて食用に向かない系のものは同じ方法が使えるかもしれません。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(3)

ネット依存の中高生、飲酒喫煙率が高い 厚労省調査で発覚

2017年05月11日


ころころ・・・。

ネット依存の若者は飲酒や喫煙の割合が高いそうです。
これは厚生労働省の調査でわかったもの。
調査は全国の中学校から無作為に選んだ約10万人を対象に実施。
その結果、「ネットのために人間関係を台無しにした」「問題から逃げるためにネットを使う」といったまるで私のような回答をした人が男子で6.4%、女子で9.9%いたそうです。
これらの依存の疑いが強い回答者と飲酒の関係を調査したところ、飲酒の頻度が高まれば高まるほどネット依存の割合が高まる事がわかったそうです。
喫煙についても同様で、飲酒の場合は飲まない人と比べ最大で3.5倍、喫煙は2倍程度の差があるのだとか。
分析を担当した大分大学の教授は依存症の原因が別のタイプの依存症として現れている可能性を指摘。
予防や治療のために対策を考えていくことが重要であるとコメントしているとのこと。
ネットには死ぬほど依存していますが、飲酒も喫煙もしていない私はいわばエリートネット依存症患者ですね。
これからも誇りを持って依存していこうと思います。
あるいは……私が若者でないという可能性も否定できませんが……。
  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(3)

西之島、更に東京ドーム1.5個分拡大

2017年05月10日


虫眼鏡。

小笠原諸島にある西之島が拡大を再開したそうです。
西之島ではしばらく落ち着きをみせていたものの、先月になり再度噴火が発生。
非常に珍しいケースとして注目を集めていました。
今回、海上保安庁は上空から西之島の映像を撮影。
その結果、噴火前と比べて西に170m、南西に180m拡大していることがわかったそうです。
これは面積では東京ドーム1.5個分相当。
西之島ではマグマの供給はまだ続いており、今後も長期的な噴火活動の可能性があるとかないとか。
このまま行くと地球全体が西之島になる日もそう遠くはなさそうですね。
  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(1)

セルフガソリンスタンド、自作の自動給油許可装置を使った不正が発覚

2017年05月09日


ガソリンスタンド。

セルフ式ガソリンスタンドで、給油許可の工程を自動化する不正があったそうです。
不正が見つかったのは茨城県筑西市にあるガソリンスタンド。
このスタンドでは昨年10月からとある装置を使って不正が行われていたそうです。
通常セルフ式ガソリンスタンドでは客が給油をしようとした際、従業員が手順などに異常がないことを確認し給油許可のボタンを押す必要があります。
しかしこのスタンドでは自作の装置を使い給油許可のボタンを常時押し続け、店員が確認すること無く給油できる状態にしていたそうです。
装置は振り子運動をしてボタンを連打するごく単純なもので、工数削減のために使用してしまったとのこと。
不正はまずいですが、このアイディアをもっと他のことに活かせたら面白い物ができるかもしれませんね。  続きを読む


Posted by 架空の姉 at 23:59Comments(1)