コンビニレジ袋利用者、4人に1人まで激減

2020年08月01日

コンビニレジ袋利用者、4人に1人まで激減
鳥。

コンビニエンスストアのレジ袋利用者が激減したそうです。
コンビニ各社では7月からのレジ袋有料義務化に伴い、1枚あたり3~5円での販売に切り替え。
業界では2030年までに6割削減を目標に掲げ、有料化がスタートしました。
この結果、レジ袋の辞退率はセブンイレブンで75%、ローソン、ファミリーマートで76%にまで急上昇。
レジ袋利用者は4人に1人まで減少したことになります。
環境保護の観点で言うなら、レジ袋に限らずゴミ全廃を正しく処理、処分することが大切です。
レジ袋の規制でゴミ問題に注目が集まっているうちに、そちらの啓発も合わせて行うとより効果的かもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:29│Comments(2)
この記事へのコメント

「燃える」か「燃えない」かで見るなら、大概のものは「燃える」
だからビニルだろうがプラスチックだろうが燃えるゴミで良い
いい加減分別収集の幻想から目覚めたらどうだ愚民ども
Posted by サラノバ笠 at 2020年08月02日 12:51

小包装のビニールもいらんからって袋から商品取り出して袋の分金返せと言い始める気違いが発生します
Posted by    at 2020年08月02日 21:44
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。