新種のシダムシ発見。90年ぶり

2020年07月15日

新種のシダムシ発見。90年ぶり
シダ。

90年ぶりに新種のシダムシが見つかったそうです。
これは鳥羽水族館と広島大学大学院の共同研究で判明したもの。
シダムシはヒトデに寄生して生きる甲殻類。
形がシダの葉に似ていることからそう名付けられました。
見つかったシダムシはアカヒトデに寄生する種類。
アカヒトデに寄生するシダムシは1913年にも見つかっており、今回見つかったのはそれと別種。
しかしこれまでは従来見つかったものと同種と誤認されていたのだとか。
今回見つかったシダムシは従来の種と形状が異なり、遺伝子情報を分析した結果新種と判明。
鳥羽水族館では14日から新種シダムシの標本を一般公開しているとのこと。
シダムシはとても不思議な形をしていますが、どうしてこんな外見になったのでしょうか。
謎です。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。