ハイオクガソリン、実は他社と混合。性能の虚偽記載も

2020年06月28日

ハイオクガソリン、実は他社と混合。性能の虚偽記載も
次女。

ハイオクガソリンにまつわる驚きの事実が明らかになっています。
石油元売5社が独自技術で開発したとされていたハイオクガソリンが、実は他社のものと混合されていたそうです。
各社はハイオクガソリンについて燃費の低減や汚れの低減などがあると表記して販売。
しかし20年ほど前から物流コスト削減を目的に他社と貯蔵タンクを共用するようになったそうです。
これにより、各社が自社開発し性能が違うはずのハイオクガソリンがタンクで混合され、そのまま出荷されていたのだとか。
また、コスモ石油のハイオクガソリンについては汚れを取り除く添加剤が入っていないにもかかわらず、10年以上虚偽の性能を記載していたことも発覚。
こちらは景品表示法違反で再発防止の措置命令を受ける可能性もあるとかないとか。
ブランドにこだわって入れていた人にとっては驚きのニュースかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。