シベリアで38度の猛暑。北極圏史上最高気温の可能性も

2020年06月21日

シベリアで38度の猛暑。北極圏史上最高気温の可能性も
犬。

シベリアが史上まれに見る熱波に襲われているそうです。
20日にシベリア北部のベルホヤンスクという町で観測された最高気温は驚きの38度。
これはこの時期の最高気温の平均を16度も上回る数値だそうです。
これが正式に認められた場合、シベリアはもちろん、北極圏で史上最高の気温になる可能性があるのだとか。
シベリアでは今月中旬から連日30度超えを記録。
これにより、永久凍土が溶け、建物が変形したり発電所のオイルタンクが壊れて大量の軽油が流出するなど様々な被害が出ている模様。
原因は偏西風の蛇行により南から暖気が流れ込んでいることだそうで、今後も熱波は続く見通しとのこと。
これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
許すまじ。


Posted by 架空の姉 at 23:25│Comments(2)
この記事へのコメント

トンベリの仕業か
Posted by   at 2020年06月22日 10:02

許すまじを見にきた
Posted by 戸粂医 at 2020年06月22日 22:37
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。