動物園からサル70匹が脱走。何者かがフェンス切断か

2020年06月10日

動物園からサル70匹が脱走。何者かがフェンス切断か
サル。

千葉県にある動物園からニホンザル70匹が脱走したそうです。
猿が脱走したのは千葉県富津市にある高宕山自然動物園。
10日午前7時頃、整備のために作業員が園を訪れたところ、フェンスに穴を発見。
檻の中を見ると、すべてのサルが脱走したあとだったそうです。
前日の夕方の時点では異常はなく、朝までの間に工具を使ってフェンスが切断されたと見られるそうです。
この動物園では昨年9月の台風で円を囲む柵が倒壊。
12月に仮設の檻を整備し、サルの飼育を続けていたそうです。
高宕山はサル生息地として天然記念物に指定されているものの、近年は外来種のアカゲザルとの交雑が発覚。
殺処分も行われるなど、大きな問題となっています。
なんとか交雑が起こる前に捕まってくれることを願いたいですね。


Posted by 架空の姉 at 23:26│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。