食虫植物、1億年前から存在か

2020年06月09日

食虫植物、1億年前から存在か
モウセンゴケさん。

食虫植物には1億年の歴史があることがわかってきたそうです。
基礎生物学研究所の研究でわかったもの。
同研究所では食中植物のモウセンゴケ、ハエトリソウ、ムジナモに着目して研究を実施。
遺伝子を調べたところ、この3種は共通する遺伝子を持っていることがわかったそうです。
また、過去の化石などから少なくとも1億年前には虫を捕らえる能力が備わっていた可能性が高いのだとか。
初期の食虫植物は1億年かけて遺伝子の変異を繰り返し、虫を捕らえる方法の違いが産まれたと見られるそうです。
今後研究が進むと虫を引き寄せる仕組みや遺伝子の進化についてもわかる可能性があるとかないとか。
一体どんな進化をしたら虫を引き寄せて食べようという流れになるやら……。
世の中まだまだ不思議なことでいっぱいですね。



Posted by 架空の姉 at 19:24│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。