ミツバチの飼育数、沖縄県がトップに

2020年05月17日

ミツバチの飼育数、沖縄県がトップに
ミツバチ。

ミツバチの飼育数で沖縄県が初めて1位になったそうです。
これは農林水産省の調査でわかったもの。
昨年の沖縄県の蜂群数は1万4700郡。
これは前年までトップだった長野県(1万3300郡)を抜き、初の1位となったそうです。
沖縄県ではミツバチの生産者数も増加傾向。
2010年には71人だった生産者が昨年は196人と2.7倍にもなっているのだとか。
沖縄県は冬でも温暖な気候に加え、熊による被害もないためミツバチの繁殖に最適。
ミツバチは県外にも多く出荷されており、今後新たな産業の1つになるとからならないとか。
沖縄といえばやはり観光が強いイメージですが、こういった一次産業が根付くと経済活動がより活発になるかもしれませんね。



Posted by 架空の姉 at 23:29│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。