イカ水揚げ量激減。昨年度の2割程度に

2020年02月09日

イカ水揚げ量激減。昨年度の2割程度に
イカ。

今年度のイカの水揚げ量が激減しているそうです。
19年度の冷凍スルメイカの漁獲量は先月末までで2820t。
これは過去最低だった昨年度と比べても2割程度しかないそうです。
原因となっているのは外国の船との取り合い。
日本海では外国船による違法操業も見られているそうで、対応に苦慮しているのだとか。
昨年、水産庁が違法操業を行う外国漁船に行った退去警告は5000回以上。
同庁では3月から新造の船2隻を日本海に配置し、取締を強化するとのこと。
世界各国が足並みをそろえて海洋資源保護に乗り出す日が早く来ることを願いたいですね。


Posted by 架空の姉 at 23:37│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。