JR東、QRコード対応の自動改札評価へ

2019年12月03日

JR東、QRコード対応の自動改札評価へ
自動改札。

JR東日本がQRコードに対応した自動改札機の評価試験を行うそうです。
この改札機は山手線の新駅である高輪ゲートウェイ駅に設置されるもの。
これまでQRコード改札は海外では普及しているものの、国内では沖縄モノレールなど限定的な範囲での利用に留まっています。
今回の評価試験では上に印刷したQRコードの読み取りから着手し、段階を踏んで携帯電話の画面に表示されたものなどに進めて行く計画。
なお、JR東は過去にQRコード改札について処理速度の問題で実用的ではないと評価。
今回の評価試験でもその点が大きな指標になりそうとのこと。
通勤ラッシュのことを考えると一筋縄では行かなそうですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(3)
この記事へのコメント

読み取り反応速度より、改札の前で慈善QRコードを用意しているかが問題。
コンビニだってレジで自分の番が来てからスマホいじってQRコード表示するやつが殆ど。
改札で止まられたら、蹴り入れたくなる。
Posted by QR at 2019年12月04日 10:30

icocaで良いのに
Posted by 戸粂医 at 2019年12月05日 02:48

>>1
ひょっとすると導入後には事前に準備してください的な放送や呼びかけが行われるかもしれませんね

>>2
確かにタッチ式ICカードがこれだけ普及しているのにQRにシフトするのは時代への逆光という話はよく聞きますね
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2019年12月08日 23:14
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。