温室効果ガス濃度、観測史上最高に

2019年11月28日

温室効果ガス濃度、観測史上最高に
ゴースさん。

昨年の温室効果ガスの濃度が観測史上最高を記録したそうです。
これは世界気象機関がまとめたデータでわかったもの。
それによると、昨年の二盛ん化炭素の世界平均濃度は407.8ppm。
これは産業革命前と比べ1.47倍の濃度に当たるのだとか。
同様にメタンは2.59倍、一酸化二窒素は1.23倍といずれも増加。
気象庁によると、森林による二酸化炭素吸収量は増加傾向にあるものの、それを上回るペースで化石燃料の消費が増加しているとのこと。
これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
許すまじ。


Posted by 架空の姉 at 22:58│Comments(2)
この記事へのコメント

ゴースじゃなくてメタモンだコレ!
Posted by にゃにゃしさん at 2019年11月29日 07:29

>>1
まさかそこに気づくとは……
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2019年12月08日 23:10
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。