台風各地に爪痕。依然として警戒が必要

2019年10月15日

台風各地に爪痕。依然として警戒が必要
ひよこ。

台風19号の被害が各地で発生しています。
これまで各地で報告されている被害は河川の氾濫や土砂崩れなど。
これにより建屋の浸水や停電などで多くの人が被害を受けているそうです。
河川は当面の間水位が上がった状態が続くそうで、今後も数日間は注意が必要とのこと。
被害に遭われた方々は本当に大変だと思います。
一日も早く元の生活が戻ることを願っています。



Posted by 架空の姉 at 23:42│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。