車のボンネットに大量のクルミ。犯人はリス

2019年10月10日

車のボンネットに大量のクルミ。犯人はリス
リス。

アメリカで車のボンネットに大量のクルミが詰め込まれる凶悪事件があったそうです。
事件が起きたのは今月7日、アメリカペンシルバニア州。
自宅に止めておいた自動車を運転していた夫婦が、車から異臭と異音がすることに気づいたそうです。
ボンネットを開けてみると中は大量のクルミと草が敷き詰められた状態だったのだとか。
中から出てきたクルミは実に200個。
犯人は冬に備えて餌を溜め込んでいたリスと見られており、わずか1ヶ月の間にボンネットを埋め尽くすほどのクルミと草を運び込んだと考えられるそうです。
なお、車は部品の故障などはなく、清掃のみで無事元の状態に戻ったとのこと。
がんばって集めた冬への備えを失ったリスはがっくりきているかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

1ヶ月間車動かさなかったんですかねぇ
Posted by シェパード at 2019年10月11日 18:33

>>1
サンデードライバーさんだったのかもしれませんね。
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2019年10月12日 13:03
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。