スーパーの鮮魚パックにカブトガニ混入。水族館に引き取られ飼育へ

2019年09月22日

スーパーの鮮魚パックにカブトガニ混入。水族館に引き取られ飼育へ
カブトガニ。

長崎県でスーパーで売られていた鮮魚パックからカブトガニが見つかったそうです。
カブトガニが見つかったのは今年7月。
長崎市内のスーパーで売られていた魚介類のパックにカブトガニが混入しているのを店員が発見。
スーパーは市の水産センターに連絡し、最終的に長崎ペンギン水族館に引き取られ飼育されることになったそうです。
見つかったカブトガニは体長5cm。
同館では今後詳しい経緯を調べ、一般公開を検討しているとのこと。
命に別状がなくて何よりです。
元気に育ってくれるといいですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。