東北新幹線、280km/h走行中にドア開き緊急停止

2019年08月21日

東北新幹線、280km/h走行中にドア開き緊急停止
新幹線。

東北新幹線で走行中にドアが開き車両が緊急停止する事故があったそうです。
事故があったのは21日午前10時頃。
仙台と白石蔵王駅間を走行中だった新幹線9号車のドアが開いた警告表示が出たそうです。
これを受け車掌は車両を緊急停止。
実際に確認したところ、9号車のドアがほぼ全開となっていたそうです。
ドアには非常時に手動でドアを開けるためのコックが付いており、それが引いた状態になっていたとのこと。
防犯映像を確認したところ、駅で出発前に車内清掃に入った作業員がコックを戻し忘れていたことが発覚。
JR東日本では再発防止のため、安全設備を設けることを検討するそうです。
とりあえずけが人がいなっくて何よりですね。



Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。