新幹線で果物輸送実験スタート 収穫したその日に販売

2019年07月06日

新幹線で果物輸送実験スタート 収穫したその日に販売
長野原みおさん。

長野県で新幹線を使って新鮮な果物を輸送する試みがはじまったそうです。
これは長野県とJR東日本などがはじめた「新幹線マルシェ」なるもの。
この試みは長野県で収穫された果物を東京で即日販売するのが目的。
初回となった4日は即日完売したそうです。
試みは今後9月から11月にかけ5回予定されており、知名度の向上に加え産地に足を運んでもらうことも期待しているとかいないとか。
そのうち新幹線貨物なんてものが登場するかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(3)
この記事へのコメント

もぎたてを新幹線で運んできたってのがロマンあって買いたくなるよね
鮮魚も是非
Posted by メロンナンパちゃん at 2019年07月07日 23:09

ちゃんみお
Posted by 実在の弟 at 2019年07月08日 01:13

>>1
内陸で朝一番でとれた魚が手に入るとなれば需要はありそうですね

>>2
ちゃんみおです
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2019年07月09日 23:38
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。