教員の休暇、夏休み期間中に取得しやすくする方針へ

2019年06月30日

教員の休暇、夏休み期間中に取得しやすくする方針へ
ラフィーナさん。

文部科学省が教職員の休暇を夏休みにまとめて取れるよう働きかけていくそうです。
これは28日に同省が公立の学校に対し通知したもの。
なんでも、これまでは夏休み期間中には「教員が休みすぎている」という印象を避けるため、
夏休み中も研修や授業研究をするよう求めていたそうです。
しかし、近年になり教員の長時間労働問題が表面化。
調査機関の報告では、日本の小中学校教員の労働時間は世界で最も長かったそうです。
このような世論を受け、同省180度方針転換することを決定。
従来の長期休暇中にも働くよう求める通知を28日付けで廃止し、今後は逆に休みを取ることを推奨していくとのこと。
噂では教員はとても過酷な状況にあると聞きます。
これをきっかけに労働環境の改善が進むといいですね。


Posted by 架空の姉 at 10:00│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。