3万年前のホラアナライオン、永久凍土で氷漬け発見

2019年06月03日

3万年前のホラアナライオン、永久凍土で氷漬け発見
ホラアナライオン(想像図)。

シベリアの永久凍土から3万年前のライオンの氷漬けが見つかったそうです。
今回見つかったのはホラアナライオンという氷河期に生息していた絶滅種の赤ちゃん。
体調は40cmほどで、一緒に狼の頭部も見つかったそうです。
状態は極めて良好なで、筋肉や内臓も観察できるレベル。
研究者は今のライオンと比較し、当時の生体を明らかにしたいと述べているとのこと。
永久凍土は調べればまだまだいろいろ出てきそうですね。


Posted by 架空の姉 at 22:51│Comments(1)
この記事へのコメント

このライオンもDNAとってクローン作れるのかなぁ
Posted by シェパード at 2019年06月04日 00:47
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。