絶滅したはずの花、ハワイで再発見

2019年04月23日

絶滅したはずの花、ハワイで再発見
花。

ハワイで絶滅したはずの花が再発見されたそうです。
見つかったのはハワイ固有種のハイビスカスの仲間。
この花は1991年に発見されたものの、2009年を最後に姿を消し、2016年に絶滅と判断されたそうです。
再発見されたのは人が近づけない断崖絶壁。
研究者らはドローンを使ってこの場所を空撮し、見事発見に成功したのだとか。
研究者ら次のステップへ向け、新たに植物を切り取って回収できるドローンを開発中とのこと。
ドローンは発想次第でまだまだ活用方法が広がりそうですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

絶滅するまで切り倒す精神
Posted by   at 2019年04月24日 22:29

>>1
できるだけ切らずに対応することを願いたいですね。
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2019年04月27日 22:55
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。