Googleマップ、前輪と契約解除し混乱

2019年03月22日

Googleマップ、前輪と契約解除し混乱
三女。

Googleが提供する地図サービス「Googleマップ」が混乱を招いているようです。
Googleはこれまで国内地図大手のゼンリンからデータ提供を受け地図を作成。
しかし22日に提供が開始された新しいGoogleマップはゼンリンの名前が消えており、契約を解除したものとみられるのだとか。
これにともない、地図データは以前と様変わり。
本来ある道が消えたり、道がない場所に道が表示されるなど混乱が起きているようです。
新しい地図は航空写真や利用者の通過実績データを元に作成されていると見られ、今後しばらくは混乱が続く見通しとのこと。
噂では交差点のコンビニの駐車場を利用した信号回避(通称コンビニワープ)が頻繁に行われているところは、コンビニの駐車場が道として認識されているとか。
しばらくは不具合があると頭に入れて使ったほうがいいかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

前輪…?
Posted by 無名 at 2019年03月29日 12:34
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。