神戸の世界最高齢のガー、42歳に

2019年03月03日

神戸の世界最高齢のガー、42歳に
紲星あかりさん。

兵庫県の水族園で飼育しているガーが42歳になったそうです。
このガーは神戸市立須磨海浜水族園で飼育されているロングノーズガー。
1967年に米国の水族館から贈られたガーが77年に産卵し、そこから生まれた200匹の最後の生き残りがこのガー。
2014年に世界最高齢の記録を打ち立て、その後も穏やかに暮らしているそうです。
大きいものでは2mを超すガーですが、この長生きしている個体は70cm程度とかなり小ぶり。
また、普段はあまり動かず、体力を温存したおかげで長生きできている可能性もあるとかないとか。
大きく育たなかった子が一番長生きというのはなかなかおもしろい話ですね。
ぜひ100歳を目指して頑張って欲しいです。


Posted by 架空の姉 at 23:01│Comments(1)
この記事へのコメント

あかりちゃんのイラストで魚の話題を出されると、うっかり食べてしまいそうでこわい。
このガーは諦めてブラックバスとかにしときなさい。
Posted by at by at 2019年03月03日 23:50
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。