活性炭の100倍の効果がある脱臭剤開発に成功

2019年01月31日


アカネ。

活性炭の100倍という驚きの性能をもつ脱臭剤が開発されてしまったそうです。
開発したのは産業技術総合研究所の研究チーム。
この研究チームでは元々放射性物質のセシウムを吸着する素材について研究をしていたそうです。
その過程で、青色の顔料であるプルシアンブルーが強い吸着性を持っていることを発見。
そして3年ほど前、そのプルシアンブルーがセシウムだけでなくアンモニアも高効率で吸着することを確認したのだとか。
プルシアンブルーのアンモニア吸着力は活性炭の実に100倍。
この素材を使った脱臭機械の実験では養豚場の豚舎の夜間の匂いをほぼ気にならないレベルまで低減させることに成功。
今後は実用化に向けて研究を進めていくとのこと。
これが実用化されれば脱臭剤の歴史が変わるかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 00:00│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。