PM2.5、地下鉄駅構内では地上の5倍

2019年01月19日


夜長アンジーさん。

地下鉄駅構内は地上に比べてPM2.5の飛散量が多いそうです。
これは慶応大学らの研究チームの調査でわかったもの。
研究チームは横浜市内の地下鉄駅構内で午前5時から午後8時までのPM2.5の濃度を測定。
その結果、午前8時から10時までの通勤時間帯はPM2.5濃度が屋外の5倍になることがわかったそうです。
含まれている粒子は鉄などの金属類が多く、ブレーキや車輪、レールなどが発生源と考えられるとのこと。
納得の結果ですが、それ以上に地下鉄でPM2.5を測ろうという発想が鋭いですね。
私も発想力を磨きたいものです。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。