真っ白なヒグマ、北海道で撮影成功

2019年01月13日


睡蓮。

北海道で真っ白なヒグマが撮影されたそうです。
ヒグマが確認されたのは北海道八雲町にある山林。
この山林では日本大学らの研究グループが動植物の調査のためにカメラを設置。
昨年まで3年間、数十台のカメラで動画を撮影していたそうです。
するとそれらのカメラで合計6回真っ白なヒグマが写っていたのだとか。
このヒグマはいずれも同じで、色素が欠けたアルビノの個体。
撮影に成功した研究グループは今後このヒグマについて研究を進めていく方針とのこと。
アルビノは生存率が低いという話ですが、なんとか長生きしてほしいですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。