警察官、コンビニのトイレに拳銃を置き忘れ

2018年12月15日


牛久花和さん。

警察官がコンビニに拳銃を置き忘れる事件があったそうです。
拳銃を置き忘れたのは大阪府警に務める20代の巡査。
コンビニでトイレを利用した際に拳銃を外し、そのまま置き忘れてしまったそうです。
忘れられた拳銃はコンビニの店員が発見。
別の警察官に届け出て事なきを得たそうです。
府警では装備品の管理を徹底し再発防止に務めるとのこと。
ひとまず悪用されなくて何よりですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。