火星の風の音、NASA探査機が観測

2018年12月08日

火星の風の音、NASA探査機が観測
風が語りかけます……。

NASAの探査機が火星に吹く風の音の観測に成功したそうです。
これは8日にNASAが発表したもの。
風の音を観測したのは火星探査機「インサイト」。
インサイトには気圧や地震観測用のセンサーが搭載されており、それらが風に反応。
風は低音の轟音が響き続けるような状況で、北西の風秒速5~7m程度と推測されるそうです。
NASAではこの風の音をWEBサイト上で公開。
インサイトは20年11月まで静止した状態を維持し、火星に起こる振動の探知などに当たるとのこと。
とりあえず、火星旅行の際には防寒着が必要そうですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

うまい、うますぎる……!

最低気温はマイナス140度にもなるそうですので、かなり重ね着する必要がありますね。
火星に行ってもコタツでぬくぬくしていそうです。
Posted by 見習い at 2018年12月09日 23:50
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。