セブンイレブン、都内1000店舗に店頭灰皿撤去要請

2018年12月02日


たばこ。

セブン-イレブン・ジャパンが加盟店に対し店頭の灰皿を撤去するよう要請したそうです。
今回対象となるのは都内にあるセブンイレブン。
店舗数は約2700で、この内灰皿を設置しているのは1000店舗にのぼるそうです。
撤去の主な理由は受動喫煙への対策。
実際に撤去するかどうかは各店舗のオーナーが最終的に判断をするとのこと。
企業などでも灰皿の撤去が進みつつあるという噂ですし、近い将来本当に限られた場所でしか吸えなくなるかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。