高校生の学力、スマホ利用時間が長いほど低下

2018年11月20日


ボールペンで。

スマートフォンを長時間使う学生は学力が低下する傾向にあるそうです。
これは宮城県で高校生を対象に行われた学力調査の結果わかったもの。
それによると、高校生2年生の学生が平日に最も時間をかけるのは「ゲームやインターネット」が最多の38.4%。
これは5年前と比べ13.7ポイントの大幅な増加になるそうです。
その上で、学生の各科目の点数はスマートフォンの使用時間が一日一時間を超えると低下。
更に、使用時間が伸びれば伸びるほどその傾向は顕著になるそうです。
全体的な傾向としては、基礎知識の身についている人とそうでない人の二極化が進んでいるとのこと。
スマートフォンは大変便利なアイテムなのでついつい触ってしまいますね。
便利すぎるのも考えものかもしれません。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

アナログでモノクロな次女もよいですね。
スマートフォンを使うから学力が低下しているのか、学力が低いからスマートフォンに依存してしまうのか……。
Posted by at by at 2018年11月23日 21:17
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。