山手線ホームドア破損 ドアに挟まった客の荷物と接触

2018年11月14日


次女。

JR山手線でホームドアが破損する事故がったそうです。
事故があったのは14日午後4時47分頃。
JR山手線代々木駅に入ってきた車両のドアに乗客の荷物が挟まっており、それがホームドアと接触。
衝撃でホームドアの部品が吹き飛んだそうです。
部品はホームで電車を待っていた男性客に当たり、男性は足を負傷。
この影響で山手線は一時運転を見合わせたそうです。
なお、荷物の持ち主はその場を立ち去ったとのこと。
一歩間違えばより重大な事故に繋がりそうな事案ですね。
皆様もドアから荷物がはみ出るような乗り方をしないようお気をつけください。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

この場合はJRに怪我の保障責任はあるのでしょうか。
Posted by 実在の弟 at 2018年11月15日 12:50

JRがケガした人に補償&荷物置いてった奴に賠償請求しそうな感じ…
逃げないで申告してればちょっとは変わったかも知れないけど。
電車止めたら賠償、って世間的イメージが強すぎるんだろうなあ
Posted by しばそば at 2018年11月20日 15:51
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。