AIが描いた絵、4800万円超で落札

2018年10月29日


誰か。

人工知能(AI)が描いた絵がオークションで4800万円を超える値がついたそうです。
この絵はAIに既存の画家の作品を学習させ、それをもとに制作したもの。
AIの芸術作品がオークションにかけられるのはこれが初めてだそうです。
絵はニューヨークで開かれたクリスティーズのオークションに出品。
最終的に予想を大きく上回る43万2500ドル(約4860万円)で落札されたそうです。
今は「AIが作った」とういのが付加価値になっているのだと思いますが、
将来AIが進歩した場合、高価格での取引はそう長く続かない気がします。


Posted by 架空の姉 at 00:11│Comments(2)
この記事へのコメント

絵の価格の根拠はどんなところで決まるのでしょうか。そんなものはないのかもしれませんが。
Posted by 実在の弟 at 2018年10月29日 00:42

「世界で初めて筆を使わず描かれた絵画」が超高額で落札されたりしてるので、絵の美麗さではなく「革新的、先進的な発想や才能」が評価されているのだと思います。
これを機に姉さんも過去に類を見ない独創的な絵画を描いて一山当ててみましょう。
Posted by at by at 2018年10月29日 01:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。