ハワイ、ハリケーンで小島が消滅

2018年10月28日


ハリネズミ。

ハワイに直撃した超大型のハリケーンで小さな島が消滅するという驚きの事件があったそうです。
消滅したのはホノルルから885km北西にある無人島イースト島。
この島には10月に超大型のハリケーン「ワラカ」が直撃。
高波にのまれ、島全体が水没してしまったそうです。
イースト島は絶滅の危機に瀕しているアオウミガメやハワイモンクアザラシの生息地。
幸いにもウミガメの産卵期は終わっており、また、ハワイモンクアザラシも壊滅的な事態には陥っていないそうです。
ハリケーンは年々大型化が進んでおり、他の島についても今後水没する恐れがあるとかないとか。
専門家チームは今後この島の野生生物への影響を調査してくとのこと。
これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
許すまじ。


Posted by 架空の姉 at 00:00│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。