西武新宿駅に自立型警備ロボット配備へ

2018年10月17日


い。

ついに自律移動型の警備ロボットが駅に配置されるそうです。
ロボットが導入されるのは西武鉄道の西武新宿駅。
同駅で自律移動型警備ロボットの実証実験が実施されることになったそうです。
実験では警備ロボットが駅の開削外で構内で不審者や不審物の検知を実施。
このときの検知制度の他、駅における自律移動の安定性、人の係員の負担軽減具合についても合わせて検証を行うとのこと。
もしうっかり不審者と誤認された場合、警備ロボットが襲いかかってくるのでしょうか


Posted by 架空の姉 at 07:00│Comments(2)
この記事へのコメント

いらない子は、いる子だよ!
定点カメラを死角なく配置する方法と、警備ロボットに巡回させる方法で、コストや効果にどれほどの差が出るか楽しみです。
Posted by at by at 2018年10月18日 00:27

いる子きたー
駅を開削しちゃだめw
程よく人が多くて少ない西武新宿駅ってところがいい選択だなと
自律移動させていかに人に邪魔にならないでいられるかというのも見もの
Posted by しばそば at 2018年10月18日 00:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。