金閣寺で幻の池の跡発見。未完成で放棄されたものか

2018年10月14日


睡蓮。

金閣寺で幻の池の跡が発見されたそうです。
これは今月11日に発掘調査で見つかったもの。
池は金閣に面した鏡湖池南側で発見。
創建した足利義満が着手したものの、未完成で放棄されたものだそうです。
また、今回の調査では同時期にあったと思われる建物の礎石も新たに発見。
金閣寺は現在の姿になる前は北山殿と呼ばれており、当時は現在よりも多くの建物などが存在。
しかしそれらはすでに解体されて全貌は闇の中となっているのだとか。
この調子で発掘調査が進み復元が行われれば、パーフェクト金閣寺が誕生する日も近そうですね。



Posted by 架空の姉 at 00:00│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。