プロ野球クライマックスシリーズ開幕。ソフトバンクと巨人が先勝

2018年10月13日


次女。

今年もプロ野球クライマックスシリーズが開幕しました。
今年はセントラルリーグが東京ヤクルトスワローズと読売ジャイアンツ、
パシフィックリーグが福岡ソフトバンクホークスと北海道日本ハムファイターズの対戦となり、
それぞれ巨人とホークスが白星をあげました。
ホークスは初回先発ミランダ投手がファイターズ近藤選手にソロ本塁打をあび先制点を許します。
しかしその裏、ホークスは主砲柳田選手の適時打やデスパイネ選手の満塁本塁打で一挙5点をあげ、試合をひっくり返します。
ミランダ投手はその後も押出しで2点を与えるなど乱調で、4回持たずして降板。
しかし後を受けた武田投手をはじめとする中継ぎ陣がファイターズ打線をほぼ完全に封じ込める継投を披露。
打線も小刻みに追加点をあげ、8-3でホークスが初戦を制しました。
第2戦は引き続き明日開催予定。
明日も素晴らしい試合を期待したいですね。



Posted by 架空の姉 at 22:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。