ユニーファミマHD、スーパー事業をドンキへ売却か

2018年10月10日


ペンギン。

ユニー・ファミリーマートホールディングスが子会社でスーパーマーケット事業を展開しているユニーの全株をドン・キホーテに売却する計画があるそうです。
これは10日に報道各社が一斉に報じたもの。
ユニーファミマHDは昨年ドン・キホーテHDと資本業務提携を実施。
ユニーの店舗の一部をドン・キホーテに転換し、売上を倍増させるなど効果を上げています。
この提携でドン・キホーテHDはユニーの株式の4割を取得。
今回残りの6割も売却し、ユニーファミマHDからスーパーマーケット事業を切り離す方向で調整をしているのだそうです。
ユニーファミマ側はサンクスのファミリーマートへの転換を近く完了する見通しで、メインのコンビニ事業に集中していく狙いがあるとかないとか。
ユニーはあっちへ行ったりこっちへ行ったり大変ですね。
めげずに頑張って欲しいものです。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。