レジなし自動生産システム、日本進出へ

2018年10月07日


フグ。

レジのない自動決済システムを使った小売店が日本に進出するそうです。
これは米国にあるベンチャー企業スタンダードコグニションなる会社。
このシステムでは客が品物を棚から取った情報をカメラなどを使い収集。
スマートフォンのアプリを通じて店外に持ち出された商品の金額を請求する仕組みなのだとか。
米国ではこのシステムを利用し米アマゾンが実店舗「アマゾン・ゴー」を今年1月に開店。
現在4店舗を運営中だそうです。
日本進出にあたっては日本企業と協力して来年はじめに試験店舗をオープンし、2020年までに3000店舗を目指すとのこと。
本来はレジ渋滞などの対策にもなりそうなものですが、物珍しさからかえって渋滞が起きるかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:47│Comments(2)
この記事へのコメント

タイトル誤変換していますね……

現在のセルフレジはバーコード読み取りが少し手間だったりしますからね。
まあ、アマゾンゴーと同じカメラ認識にしてしまえば手早くなりそうですが、商品の誤認識も増えそうですよね。

アマゾンゴーはどうするんだろう?
Posted by 見習い at 2018年10月08日 02:02

精算、ですね
清算ではないので気を付けて下さいね
Posted by 774 at 2018年10月08日 08:00
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。