年賀はがきノルマ、ついに廃止。自腹営業批判を受け

2018年09月14日


三女。

ついに年賀はがきの販売ノルマが廃止されるそうです。
これは日本郵便が局員向けに出した内部文書によって明らかになったもの。
これまで日本郵便は局員に対し年賀はがきの販売ノルマを設定。
ノルマに到達しない局員は自費で不足分を購入し穴埋めするいわゆる「自腹営業」が横行していました。
長年批判受けてきたこのノルマですが、日本郵便はついに方針転換を決定。
上司などからの過大な指標達成圧力はあってはならないとし、19年用年賀はがきの販売ではノルマを設定しないことにしたそうです。
自腹営業で購入された年賀はがきは金券ショップなどに流れていたそうですが、
今年は金券ショップの年賀はがきの流通量が大幅に減るかもしれませんね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

悪しき風習が一つ絶たれたことを喜ばしく思います。
クリスマスケーキ等の季節物ノルマ全般に対しても広まってくれるよう願います。
Posted by at by at 2018年09月15日 15:17

もっとも、ここは日本だから
「ノルマ強要の記録は無い」「ノルマ強要の記憶はございません」と、真摯で丁寧な説明をされて解決でしょうがね
Posted by ポストはアカ色 at 2018年09月15日 21:06
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。