人工衛星が宇宙で起こす事故、政府が補償へ

2018年09月07日


衛生。

人工衛星が宇宙で事故を起こした場合、政府が補償を行う方向で検討が始まったそうです。
これは政府の宇宙法制会が検討しているもの。
現在、民間のロケットが打ち上げに失敗して人や建物に損害が出た場合、国が一定額の補償を行うことになっているそうです。
しかしこれはあくまで打ち上げ時に限った話であって、打ち上げ後に人工衛星が他の人工衛星と事故を起こしても補償などはありません。
この状況について政府は宇宙空間での事故についても補償の検討を開始。
年内にも制度の方向性をまとめる予定とのこと。
これを機に宇宙開発のスピードが上がるといいですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。