おもちゃの偽カッターに本物混入 自主回収へ

2018年09月03日


カッター。

実際には切れないおもちゃの偽物のカッターに本物が混入する事件があったそうです。
このカッターは100円ショップ「ダイソー」で販売された「ドッキリ!カッター」。
ドッキリ!カッターは刃の部分に半円状のくぼみがあり、それを指に当て切断されているような演出ができるおもちゃ。
実際には刃の部分は切れないよう加工がされているそうです。
しかし今月2日に東京都内の店舗で購入した客から、くぼみのない通常のカッターだったと苦情が入り、
在庫を調べたところ8点中6点が本物のカッターだったそうです。
混入の経緯については調査中とのことで、購入者には返金をする方針とのこと。
誰かが悪意を持ってやったのではなく、ただのミスであることを祈りたいですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

本物のカッターを手に取ったお客が間違ってドッキリカッターの棚に返したのを気づかず購入……みたいな状況を予想してたら、
製造する中国の工場内で本物のカッターが混入されていた、という恐ろしい事態だった。
気付かずに怪我した人がいないことを祈ります。
Posted by at by at 2018年09月04日 22:27

これはちょっとシャレにならない間違いですね
Posted by 実在の弟 at 2018年09月05日 00:11
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。