国際宇宙ステーションに2mmの穴。一時気圧低下

2018年08月31日


ドリル。

国際宇宙ステーションで宇宙船に穴が空き、気圧が低下する事故があったそうです。
気圧の低下は30日に発生。
発生源はロシアの管理区域で、調査を行ったところ接続されている宇宙船に大きさ2mmほどの穴が見つかったそうです。
穴を樹脂で塞いだところ、気圧の低下はストップ。
宇宙飛行士の健康に影響はなかったそうです。
また、穴が空いた原因については原因を詳しく調べていく方針とのこと。
大事になる前になんとかなってよかったですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。