ニュージーランド、カメムシ規制強化。日本からの輸入車にも混入対策要求

2018年08月25日


カメムシ。

ニュージーランドがカメムシへの警戒を強めているそうです。
カメムシといえば強い匂いが特徴の昆虫。
ときに大量発生し、農作物などに被害を与える害虫としても知られます。
今回ニュージーランドが警戒を強めているのも農作物への被害を防止するため。
なんでも、今年2月に日本から出港した自動車運搬船から大量のカメムシが見つかったのだとか。
これを受け、ニュージーランド政府は日本から輸入される自動車や建設機器に対し、カメムシの駆除を義務付ける方針を決定。
来月以降ニュージーランドに輸出する際には殺虫処分などの対策が必要になるとのこと。
日本でも近年ヒアリが大きな話題を集めましたが、どの国でも虫の侵入防止は中々難しい話のようですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。