猛暑影響で蚊が減少。今後は増加傾向か

2018年08月18日


蚊。

今年の猛暑が思わぬところで影響を与えているようです。
その影響の対象は蚊の数。
猛暑に加え7月の降水量も少なく、ボウフラが湧く水たまりができなかったことも重なり蚊の発生が減少。
ホームセンターなどでも蚊の対策商品が売れないなど影響が出ているそうです。
蚊は気温35度以上の猛暑日になると活動が鈍るそうで、連日の猛暑が蚊にダメージを与えているとかいないとか。
なお、今後は猛暑が一段落し気温が下がってくると予想されているため、蚊が増加する恐れがあるとのこと。
これもきっと地球温暖化の陰謀ですね。
許すまじ。


Posted by 架空の姉 at 23:40│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。