銚子電鉄、新商品「まずい棒」発売

2018年07月26日


あの棒。

銚子電鉄が新商品「まずい棒」なるものを発売するそうです。
これは25日に同社が発表したもの。
銚子電鉄といえばぬれ煎餅で一世を風靡したローカル鉄道。
現在も本業の鉄道は赤字で、ぬれ煎餅をはじめとする副業の食品事業で経営を成り立たせるという綱渡りを続けています。
今回発売されるまずい棒は「経営状態がまずい」ことに由来とした自虐商品。
中央に穴の空いた棒状のスナック菓子で味はコーンポタージュ。
不思議とどこかで見たことがある気がする商品ですが、価格は15本で600円となかなか強気。
同社はぬれ煎餅に次ぐ看板商品として期待を寄せているそうで、経営状態がまずくなくなるまで販売する予定とのこと。
発売は来月3日から。
ネタ商品としては中々面白い線を行ってる気がするので、あとはどの程度話題になるかですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

経営状況がマズイので買ってください!という正直な気持ちが伝わってくるいい商品だと思います。
Posted by at by at 2018年07月28日 02:20

経営がうまく行ってうまい棒に生まれ変わることを期待したいですね
Posted by 架空の姉架空の姉 at 2018年08月01日 23:38
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。