自転車売上10倍超。豪雨で故障した車の代替に

2018年07月15日


自転車。

先日の豪雨の影響で自転車が飛ぶように売れているそうです。
自転車が売れているのは主に西日本豪雨の被災地周辺。
大雨の影響で水没した自動車の代替として需要が高まっているそうです。
あるホームセンターでは日に10代以上の自転車が売れているそうで、これは平時の10倍を超える値。
自転車以外にも泥をかき出すためのスコップなども需要が急上昇しており、品薄状態に陥っているとかなんとか。
復興における必需品が品薄というのはつらい状況ですね。
1日も早く解決することを願うばかりです。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(1)
この記事へのコメント

自転車を共有したりしないのね。災害時は私財の共同所有が見られると思っていたんだけど。これは面白い現象。
Posted by 柴田の可能性 at 2018年07月17日 21:29
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。