海岸にドククラゲ60匹漂着 小田原市国府津海岸

2018年07月03日


カツオノエボシ。

神奈川県小田原市の海岸にドククラゲ60匹が漂着しているのが見つかったそうです。
クラゲが見つかったのは2日、午後0時頃。
場所は小田原市にある国府津海岸で、海岸を散歩していた男性から通報があったそうです。
職員が調べたところ、強い毒性を持つクラゲのカツオノエボシ60匹が見つかったそうです。
カツオノエボシは触手に強い毒を持っており、複数回刺されるとアナフィラキシーショックを発症する恐れもある危険なクラゲ。
見つかったカツオノエボシは職員によって回収。
市は見つけても素手で触らないよう呼びかけているとのこと。
最近やたらと風が強い日が続いているのでそのせいでしょうか。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(2)
この記事へのコメント

メノクラゲはいなかったのでしょうか?
Posted by にゃにゃしさん at 2018年07月04日 07:28

釣りやってて海藻かと思ってうっかり触ったら
クラゲの触手の切れた奴でちょくちょく刺されてるから気を付けよう・・・
Posted by しばそば at 2018年07月06日 19:43
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。