アジの干物、3287枚並べギネス記録

2018年07月02日


干物。

3000枚を超えるアジの干物を並べるギネス世界記録への挑戦が行われたそうです。
イベントが行われたのは静岡県沼津市。
挑戦したのは「最も長い食用魚の列」のギネス記録。
これまでの記録は岐阜県羽島市で達成されたサンマの2176匹。
イベントには1000人の市民らが参加し、3287枚のアジの干物を陳列台に隙間なく並べていったそうです。
出来上がった干物の行列は534.31。
テーブル150台を使って実現したそうです。
ギネス記録は問題なく認められ、世界記録を樹立。
イベント終了後には1人につき3枚の干物が進呈され、その場で炭火焼きを楽しむ人もいたのだとか。
1000人いれば1人3枚並べるだけなので、並べるより配る人が大変だったでしょうね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。