淡路島で最古級の銅鐸見つかる。紀元前4世紀ごろのものか

2018年06月28日


銅鐸。

淡路島で最古級の銅鐸が見つかったそうです。
これは2015年に淡路島で発掘された銅鐸。
同じ場所から7個が出土したそうです。
銅鐸は朝鮮半島産の鉛が使われるなど、これまで見つかっていた最古級(紀元前4世紀ごろ)の銅鐸と共通点を持っていたそうです。
この銅鐸について放射性炭素測定年代測定を実施したところ、紀元前4~2年ごろのものであることが発覚。
銅鐸はある時期を境に一斉に土中に埋納されているそうですが、今回見つかった銅鐸はこれまで考えられていたのと時期がずれるのだとか。
このことから、従来の説が見直される可能性があるとかないとか。
世の中まだまだ知らないこと新しいことでいっぱいですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。