絶滅危惧種海鳥、西之島で繁殖活動再開

2018年06月07日


オオアジサシ。

絶滅危惧種の海鳥オオアジサシが西之島で繁殖活動を再開したそうです。
オオアジサシは西之島や沖縄、尖閣諸島でのみ繁殖が見られる希少な海鳥。
現在は絶滅危惧種に指定されています。
そんなオオアジサシの繁殖地の1つである西之島は2013年に噴火によってやたらと大きくなった例の島。
一時は島全体が溶岩に覆われ、生息していた鳥などが住処を追われる形になっていました。
今回繁殖活動の再開が確認されたオオアジサシも2013年の噴火以来、5年ぶりの帰還となるそうです。
オオアジサシが確認されたのは溶岩などが溜まって新しくできた島北部の海岸。
確認されたのは180羽程度で、噴火前にいた個体が戻ってきたとみられるとのこと。
これからどのような生態系が形成されるのか楽しみですね。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。