ハウステンボス、独自仮想通貨で園内キャッシュレス化へ

2018年06月03日


次女。

ハウステンボスが独自の仮想通貨で園内の会計をキャッシュレス化するそうです。
ハウステンボスといえば長崎県佐世保市にあるテーマパーク。
かつては万年赤字体質であったものの、HISが経営に乗り出してから独自色のあるイベントを次々と企画。
現在は安定した黒字経営となっています。
そんなハウステンボスが今回乗り出すのは園内全域のキャッシュレス化。
会計には独自で発行する仮想通貨「テンボスコイン」なるものを使用。
スマートフォンまたはICカードで決済を行うことで、現金を扱わなくてすむようにするそうです。
テンボスコインは今年12月に運用を始め、来年春には現金を置き換える計画とのこと。
ハウステンボスはやることの奇抜性はもちろんですが、なによりそのスピード感に驚かされますね。
私も見習いたいものです。


Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。