停電でも走れる新幹線開発へ

2018年05月24日


次女。

JR東海が停電時も走行可能な新幹線を開発するそうです。
この新幹線は地震などの災害対応を見込んだもの。
開発される新幹線には床下に緊急走行用のバッテリーを搭載。
平時事走行中に充電を行い、停電時には給電に切り替えるというもの。
バッテリー走行時には30km/hの速度で、走行区間中最長のトンネルを脱出できる8kmを目指すとのこと。
実用化は2020年度を予定。
あれだけの大きさのものを8kmも走らせるとなるとバッテリーもかなりのものになりそうですね。

https://news.biglobe.ne.jp/economy/0521/ym_180521_2430929029.html

お詫び
5/24に投稿を予定しておりましたが、操作ミスにより投稿を失敗しておりました
追っての更新となりますがご容赦ください



Posted by 架空の姉 at 23:59│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
スパム対策のため、URLを含むコメントを規制中です。